避妊のれきしと古代人の避妊方法

昔々、人は原始人の時、男女たちはどうっやて産児を制限するのかを考えていた。彼らが使った方法はかなり危険で、役に立たないかもしれません。文化発展に伴って、各種の避妊方法が時運に応じて生まれます。

い くつかの古代人が発明した避妊工具が歴然として有効だと証明しました。例えば、1枚3500年の歴史があるエジプトの紙の中、エジプトの象形文字で一つの 古い避妊処方箋を書いています。 アラビアガムを使って、ヤシとはちみつで濡れた羊の毛の綿球を女性の体内に入て、妊娠を防止することができると、この処方箋はそう書いています。この処方 箋はいくら古くても、実験してから有効だと証明しました。ゲーテへーはこう言いました:“アラビアガムの中に乳酸を含むため、これは自然界の精子を殺す剤 です。”

また、少し古代の避妊方法は人体に危険性があります。古代人は石墨あるいは水銀を飲む方法に通して避妊効果を達成しました。でもこ の危険な方法はきわめて人に死なせやすいです。前世紀の30年代にあって、西洋人は女性の妊娠を防ぐことができるしにきる6角形の小木片―― “子宮カバー”のようなものを発明しました。でもこの避妊工具は後代の人で“女性を苦しめさせる器具”になりました。

博物館の収蔵物の中に、古代人が綿羊の腸で作ったコンドームがあります、これは現代のコンドームの最初形態に少し接近します。

古代の中国と日本は、絹糸油紙、ぼろ切れ団、スポンジを防壁として女性の腟に入りました。 中国の古人は魚贅肉でコンドームとして使ってました。

避妊常識

少 年性態度に対して調査の結果から見ますと、29%の回答者は、自分が13歳にいるときにすでに性的な経験があります。さらにの回答者が16の性伴侶を擁す ることを公言しました。しかし、インタビューを受けた青少年は妊娠と避妊の情況一知半解で、10%を超える回答者が接吻すると妊娠になることができますと 考えています。 これは青少年の性観念がオープンであっても、性知識は非常に薄弱ことが分かります。

Copyright(c) 2010-2013 正しい避妊方法ご存知ですか? All Rights Reserved.