避妊薬はいつ食べたら有効になります

避妊薬はいつ食べたら有効になります?

1、長期期間の避妊薬:人工合成の妊娠ホルモンとエストロゲンが含まれています。薬は人体に入って、脂肪組織内に貯蔵して、今後緩慢に釈放して、排卵抑制して長い効避妊に役立ちます。避妊リングを放置することができないまた他の避妊方法を採用したくないの女性に適合です。複合処方の生えた効左アルキンノルゲステロンが主にスライスを服用します。一般的に生理期後に潮が満ちて来て、第5日1枚を感服して、20日以後また1枚をさらに感服します。有効率は短い効避妊薬に及びません。一部の女性は服用した後、こしけの増加、月経障害、類のつわりが現われます。時には出血ができて、そのうえ抑え難いです。きわめて別々の人はまたエネルギーが現われます。

2、短い効避妊薬:主成分は妊娠のホルモンとエストロゲンです。排卵を抑制の効果を持っていて、子宮内膜を正常に成長することを阻害して、子宮頚粘液の性質と輸卵管正常な蠕動を変える役割を立っています。無基礎性疾病あるいは糖尿病の女性に適合します。

3、緊急の避妊薬:主な成分は妊娠のホルモンです。薬害の原理は短い効避妊薬と基本的に一致しています。40歳以下の女性に適合します。主に毓婷があって、さ诺爽、保仕婷及米非司酮片婷と非司ケトンスライスです。一般的にセっクスライフ後の72時間内で一枚を内服して、12時間後さらに1枚を感服して、早く服用するほど効果がよいです。副作用は比較的に明らかで、よく吐き気、嘔吐、頭痛が現われます。頭がぼうっとし、乏しいし、乳房腫脹、出血、生理遅延などもあります。緊急の避妊薬を服用することはただ1種類の救済させた措置であってそれで、通常の避妊方法として利用できません。ただ時々使用することができます。これはそれの用量が高いので、副作用も比較的に大きいです。一般的に、専門家は1カ月避妊薬が1回だけ食べられ、1年間3回を超えてはいけないと考えます。避妊薬は身体の傷害にとても大きくて、だからできるだけ避妊薬を使わないほうがいいです。もし病院へ行って検査できれば、自分に似合う1種類の避妊方法を採用するのはより良いです。

 

Copyright(c) 2010-2013 正しい避妊方法ご存知ですか? All Rights Reserved.