血糖低ビスケット比チョコ避妊方法に効く

2016-07-14

多くの人はすべてこのような経験を持って、朝食を食べて、1午前中はすべて頭がふらふらしています;あるいは炎炎烈日の下で、急に前の1暗い感じます……実は、これらはすべて低血糖でたたるている可能性があります.朝食を食べない、節食または運動過剰、長期にわたって高温にさらされ、血糖値が低い可能性があります.注意しなければならないことは、低血糖の1つの特定の易感は妊婦、原因の主は妊娠劇の吐き出すことによる食事不足です.どんな理由で血糖値が低いと,すぐ糖リットル糖は急務です.実際に、最も簡単に効果的な方法、1杯の砂糖水あるいは蜂蜜水で飲むこと、その中のブドウ糖は分解する必要はなくて、直接血液に入って、急速に血糖の作用を緩和することを始めます.同時に,一部の精製のあめ、経口ブドウ糖も同じ効果があります.ここでは人が聞く人が、すべての甘い甘いものすべて“升糖”の作用を果たすことができますか?実はそうではない.チョコは甘い物ですが、実は高脂肪の高いカロリーの食べ物としては、糖分が高いというわけではありませんが、低血糖反応の効果を緩和する効果もそんなに明らかではありません.逆に甘味のあるパン、饅頭、ビスケットなどの主食は、その中に大量の炭水化物が含まれ、人体に入った後にブドウ糖を分解し,避妊方法、糖リットルの役割を果たすことができます.また、条件が有限、果物も糖リットル糖の選択、特に葡萄、スイカなどの甘味フルーツ.(北京友好病院栄養科主任の洪忠新)

Copyright(c) 2010-2013 正しい避妊方法ご存知ですか? All Rights Reserved.