夏は月子の避妊方法夏の月子の月子の注意事項に座ります

2016-09-20

産婦生産後1カ月、通称“産褥期」は、赤ちゃんを産んだばかりのお母さんにとって、身体を回復至極大事な時に座って、もし月子が悪いだけでなく、新しいお母さんの体を崩れ落ちて、またいくつか面倒な病気.暑い夏、月子に座って,どのような注意事項に注意しなければならないのでしょうか.

1、室内の温度は高すぎて、よく風通しをよくすることができて、室内の温度は高すぎることができなくて、室内の換気.窓のない現象、常に窓の換気、室内空気の清新な.お母さんは換気を避けるために風邪の時,不採用に対流の形式で、部屋の換気の時に、お母さんに別の部屋に、あるいは彼女のうちに外の太陽のときは、各部屋の窓を開ける.

2、空気中の湿度が大きい場合、エアコンの併機能を使うことができます.室内湿度は55 %程度で適切だ.

3、天気が暑い時、エアコン、扇風機,避妊方法、または手回しを使うことができます.室内の温度を維持するべき25℃ぐらいで、お母さんは心地よい宜を.必要なときにエアコン、あるいは扇風機を使って、しかしきっと避け直接お母さんに吹き.エアコンの濾過ネットは必ずよく洗い流して、細菌の繁殖を防止する.

Copyright(c) 2010-2013 正しい避妊方法ご存知ですか? All Rights Reserved.