湿寒体質をどう変えるの避妊方法か

2017-05-10

どんな人がガンになりやすいですか?北京中医薬大学の東直門病院の血液腫瘍確か科の主任医師の貯蔵して《生命時報》記者、冷え性体質の人更に易中手.

原因は主に二つ:第一に、冷え性体質の人は通常免疫力の低下,毒性物質の外部効果がない前に侵入し、クリア毒素の能力も比較的に弱く、腫瘍の発生を創造した先決条件.第二に、冷え性体質の人は一般的に血液の流れが遅いので、易形成鬱血と痰の濁っている、气滞相互癒着の状況では、痰恥ずかしい互いに結び積滯在ある場所、長期毒邪の作用の下で、腫瘍の形成を招きやすい.

P性体質は体の内部が鬼気、栄養物質消化と吸収の機能が弱まって、体に熱吸収が減少して寒し性になりますと考えている.このようなグループに常出現以下の症状:手足が冷たい,冷え性、風邪を引きやすい;疲れやすい、むくみ、唇の色ライト、舌苔が白くなって、大便はまばらで、下痢になりやすくて、小便の色が薄くて頻尿、尿量が多く、食欲に劣るものを食べると、よくない味など.

臨床に発見して、他の体質の人に比べて、生活習慣が著しく増加冷え性体質者の癌になるリスク.長期喫煙、もっと容易に肺癌;水飲み衛生に注意しないで、いつも変質した食品は更に胃癌になりやすいです.冷え性体質の人ならない長期かんしゃくして、例えば生悶気、ストレス、うつなどは、男性がしやすい鼻咽癌、腎癌や肝がん、女性が出やすい乳腺の癌、子宮頸がんなど.

寒性体質の人は食、保温、休憩、運動等による体寒の症状を改善することができる.

まず食事に注意して、少なく冷たいもの、例えばニガウリ、アヒルのナシなどの果物、できるだけ食べないようにアイスクリームなど.北方の冬は寒くて、適度に温めた食品を食べることができて、例えば、羊肉など;南方気候は比較的温和で、いくつか鶏、アヒルなどの甘温な食品を食べることができます.

p次、保温に注意します.天気の寒い時は直ちに服を増加して、“寒よこしま”を避けるため.ひんやりに呆環境、多く日焼けした太陽.

また、毎日睡眠、徹夜しないように、毎日睡眠、夜更かししないようにしてください.不愉快なことに出会い、直ちに適切な方式で発散し、家族,避妊方法、友達とコミュニケーションすることができない.

最後に、トレーニングに注意して.ジョギング、足早に歩くなど酸素運動会が全身活動になり、血液循環を促進し、体寒し症状を軽減し、長期的に寒性体質を変えていくことができる.しかし、高強度運動を行うことを避けるには、陽気を発散、かえって体の寒さを強めます.運動者は運動者に適しない運動者は毎日、40℃程度の熱湯で膝、20分間浸します.足湯の同時に両足を揉む、効果はもっと良いです.

は注意しなければならないのは、がん患者の体内で大量に栄養を消耗されやすいため形成阳虚腫瘍、この時に、注意を追加するための適切なたんぱく質、ビタミンの食品、例えば牛乳」

Copyright(c) 2010-2013 正しい避妊方法ご存知ですか? All Rights Reserved.